インナーマッスル腹筋でシェイプアップ!!

いくら運動してもインナーマッスル腹筋を鍛えなければウエストは細くなりません。楽して腹筋を割る方法を詳しく解説します。

新着記事

汗腺トレーニングで代謝を上げる

ベトベトした汗や臭い汗は「悪い汗」をかいているからです。「いい汗」をかけば汗はサラサラになり、代謝を上げることもできます。そして、運動をしなくても汗腺を目覚めさせ、簡単に「いい汗」をかく方法が[→続きを読む]

心臓外科医が考案したダイエットウォーキング

心臓外科の世界的権威が自ら行う代謝アップ法が「ダイエットウォーキング」です。ダイエットウォーキングの特徴は、心臓に負担をかけないで最大限効果を発揮するというもの。なぜ心臓外科医がウォーキング法[→続きを読む]

ダイエットウォーキングは目標心拍数が大切

ダイエットウォーキングは目標心拍数をキープすることが大切です。逆にいえば、心拍数をしっかりコントロールできれば、ウォーキングだけでもダイエットできるということ。目標心拍数の設定方法とダイエット[→続きを読む]

ドローイン効果!30秒で下腹部がへこむ

「ドローイン」とは英語で「息を吸う・引っ込める」という意味になります。お腹を大きく引っ込めるたった30秒のエクササイズだけで、激しい運動ナシで下腹部がへこむのがドローイン効果です。呼吸するだけ[→続きを読む]

腹筋を割るためのたった2つの筋トレメニュー

腹筋を割るということは、縦に長い腹直筋をいかに効率よく筋トレするかにかかってきます。やみくもに腹筋運動をしても、このように長い筋肉をうまく鍛えることはできません。そこで、腹筋を割るためのたった[→続きを読む]

オチョダイエットの効果倍増

オチョダイエットは、腰を8の字に回転させる複雑な動きによって、お腹まわりがスッキリするダイエットです。そんなオチョダイエットの効果を日常生活のちょっとしたすきま時間に取り入れたのが「オチョリズ[→続きを読む]



代謝を上げる松井式「1日5分ヒネルだけ体操」

短時間で効率的に代謝を上げることができる松井式「1日5分ヒネルだけで体操」のやり方を紹介しましょう。そのメニューは「姿勢をよくする体操」「ウエストシェイプ体操」「ヒップアップ体操」の3つ。代謝[→続きを読む]

オチョダイエット効果でふくらはぎをシェイプ

腰を8の字に回転させる動きでウエストをシェイプアップする、話題の「オチョダイエット」。そして、その伝道師といえば俳優の進藤学さんです。そして、進藤さんが最新版「下半身オチョ」を大公開しました。[→続きを読む]

代謝アップに運動不要

代謝アップするのに特別な運動は必要ありません。朝起きてから夜寝るまでの一連の動きのなかで、代謝アップのメソッドをいかに組み込むかが大切です。極端な話、姿勢をよくするだけで代謝はアップします。代[→続きを読む]

筋トレ効果はその人の遺伝子で違う

同じ筋トレでも効果は人それぞれ。すぐムキムキになる人もいれば、なかなかシェイプされない人も…。筋トレでアップする筋力も人によって違います。じつは、この筋トレ効果の違いはすべて遺伝子の影響。遺伝[→続きを読む]

おすすめ記事

筋トレ後の有酸素運動は筋肥大を妨げる

効率的に脂肪が燃焼するとあって「筋トレ+有酸素運動」がトレーニングの基本形になりつつあります。しかし、トレーニングの目的が筋肥大にあるなら、筋トレ前でも筋トレ後でも有酸素運動は避けるべきです。[→続きを読む]

ちょいアレンジしたスクワットで筋トレダイエット

筋トレといえば「スクワット」。じつは「インナーマッスル」を鍛えられるだけでなく、ダイエットにも効くスクワットの方法があります。いわゆるスクワットは足を軽く開いて体を前傾させ、ひざを深く曲げて行[→続きを読む]

ドローイン効果だけでは腹筋は割れない

お腹をへこませるのに絶大な効果を発揮するドローイン。このドローインをひたすら続ける効果だけで、腹筋を割ることはできるのでしょうか? 残念ながら答えは「No」です。ドローインの効果で鍛えられる腹[→続きを読む]

腕立て伏せやスクワットは筋トレ効果が低かった

腕立て伏せやスクワットは一般的によく知られている筋トレです。しかし、どちらも効率的な筋トレではありません。というのも、複数の関節を動かさなければならないからです。動かす関節が増えれば、それだけ[→続きを読む]

シックスパックができる体脂肪率はどれくらい?

腹筋運動をすればシックスパックができるわけではありません。そもそも、腹筋はもともとシックスパックの形状をしているもの。その上に乗った皮下脂肪を落とさなければなりません。すなわち、シックスパック[→続きを読む]