インナーマッスル腹筋でシェイプアップ!!

いくら運動してもインナーマッスル腹筋を鍛えなければウエストは細くなりません。楽して腹筋を割る方法を詳しく解説します。

新着記事

ぽっこりお腹の解消にクロールが一番効く理由

ぽっこりお腹の原因は大きく2つ。腹部のインナーマッスルの衰えによる内蔵下垂とお腹まわりの脂肪です。そして、ぽっこりお腹の原因を解消するには、水泳のクロールが一番効果的。クロールはインナーマッス[→続きを読む]

長友選手の体幹トレーニング「ゆるめる」が重要

イタリア・セリエAで活躍する長友佑都選手は、自身の本がベストセラーになるほどの体幹トレーニングに精通しています。そんな長友選手が、楽に走るためにおすすめする体幹トレーニングを紹介しましょう。ポ[→続きを読む]

レッグレイズはオフィスで座ったままでもできる

仰向けになって両足を上げ下げするレッグレイズは、腹直筋を鍛える筋トレとしてよく知られています。ただし、仰向けになってわざわざ筋トレするとなると、意外に面倒でサボりがち。そこで、オフィスで椅子に[→続きを読む]

腹筋を割る…は間違いで「浮き出す」が正しい

「腹筋を割る」という表現はじつは間違い。腹筋は構造上、すでに割れている状態だからです。その割れた腹筋の上に脂肪がのっているために、表面がのっぺりしているだけ。腹筋を割る…と表現するより「浮き出[→続きを読む]

筋トレで筋肉痛が出るほど追い込むのは大間違い

筋トレで超回復をおこすためには筋肉痛が必須…ではありません。むしろ、筋トレで筋肉痛が出るほど追い込むのは大間違い。超回復は筋肉痛なしでもおこるだけでなく、筋肉痛は靭帯や軟骨の損傷によってもおき[→続きを読む]

細マッチョの筋トレには超回復の理解が不可欠

細マッチョを目指すなら超回復の原理を理解しておかなければなりません。ふだんより強い刺激を受けると、筋肉は超回復するのです。この超回復の繰り返しで筋肉を細マッチョにデザインしていきます。ただし、[→続きを読む]



ビリーズブートキャンプ効果は一週間で3.4kg減

2007年に大流行した「ビリーズブートキャンプ」は、7日間の減量プログラムを消化するという短期集中エクササイズです。世界中を巻き込んだビリーズブートキャンプで、一週間で3.4kg減を達成した人[→続きを読む]

腕立て伏せ効果!オフィスの机で筋トレする方法

腕立て伏せの筋トレは負荷も高いため、ついついサボりがち。そんなときはオフィスの机で筋トレする方法を活用しましょう。オフィスのちょっとしタイミングで、腕立て伏せと同じ効果を得られます。腕の開き方[→続きを読む]

骨盤体操でインナーマッスルをゆるめて腰痛改善

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、坐骨神経痛などの腰痛に悩む人におすすめの骨盤体操があります。この骨盤体操はお尻のアウターマッスルだけでなく、インナーマッスルをゆるめることで骨盤の歪みを改善。長引[→続きを読む]

褐色脂肪細胞を活性化する冷水シャワーで痩せる

褐色脂肪細胞はエネルギーを消費する脂肪。そんな褐色脂肪細胞を活性化してエネルギーの消費量を増やしていくダイエット法があります。しかも運動や食事制限することなく、ただ冷水シャワーを当てるだけでO[→続きを読む]

おすすめ記事

プランクだけで痩せるのかを実現するメニュー

「プランク」は体幹トレーニングの代表的なメニュー。両ひじを床について両ひざを浮かせ、体を一直線にしてキープする体幹トレーニングです。ここで浮かぶのが「プランクだけで痩せるのか」という疑問でしょ[→続きを読む]

筋トレ後の有酸素運動は筋肥大を妨げる

効率的に脂肪が燃焼するとあって「筋トレ+有酸素運動」がトレーニングの基本形になりつつあります。しかし、トレーニングの目的が筋肥大にあるなら、筋トレ前でも筋トレ後でも有酸素運動は避けるべきです。[→続きを読む]

フロントブリッジによくある勘違いフォーム

体幹トレーニングの基本ともいえるメニューがフロントブリッジ。うつ伏せの状態でひじをついて、腰を浮かせて体勢をキープする体幹トレです。ただし、フロントブリッジにはよくある勘違いフォームが存在。せ[→続きを読む]

細マッチョの体脂肪率は15%以下を目指すべし

細マッチョとは細身で筋肉質な体形のこと。とはいえ、遺伝によって個人ごとに安定する体形は異なるもの。人それぞれに細マッチョの形があるといえます。唯一、細マッチョの基準となるのは体脂肪率。細マッチ[→続きを読む]

体脂肪率の理想は「10%以下」

体脂肪率は外見と健康のバロメータです。はたして男性の理想のボディを手に入れるには、体脂肪率の目標はどれくらいにすべきでしょう? ずばり体脂肪率は「10%以下」が理想。逆にいくら腹筋を鍛えても、[→続きを読む]