インナーマッスル腹筋でシェイプアップ!!

いくら運動してもインナーマッスル腹筋を鍛えなければウエストは細くなりません。楽して腹筋を割る方法を詳しく解説します。

新着記事

快便に効果アリ!洋式トイレの前かがみポーズ

快便に効果のある洋式トイレの座り方を紹介しましょう。それが「前かがみポーズ」です。洋式トイレは日本人には不向き。普通に座っただけでは、大腸から肛門までの経路は曲がったままなのです。このため、洋[→続きを読む]

ウォーキングの効果は運動後にこそ発揮される

運動後は5~10分のウォーキングによるクールダウンを忘れてはいけません。ウォーキングによる筋肉ポンプ効果で血行がアップして、老廃物や疲労物質の排泄が促進します。運動後やトレーニング後こそ、ウォ[→続きを読む]

大腰筋トレーニングなら「足振りランジ」が効く

ランジとは、フェンシングの突きという意味。足振りランジは前に一歩踏み込んで元の姿勢に戻ったら、後ろに踏み込んでまた元に戻る…という動きを繰り返すトレーニングです。この足振りランジこそ、大腰筋ト[→続きを読む]

骨盤ストレッチは立ったまま大腰筋をほぐせる

大腰筋は背骨と大腿骨を結ぶ太くて長いインナーマッスル。その間にある骨盤の角度と位置を、正しく保つ役割があります。逆にいうと、骨盤をストレッチすると大腰筋もストレッチできるということです。そこで[→続きを読む]

四股は運動のパフォーマンスが向上する体幹トレ

平均体重150kgもの力士がぶつかり合う相撲には、強靭な体幹が必要不可欠。その体幹を作り上げるのが、相撲の伝統的な稽古である「四股(しこ)」です。日本古来の伝統的な体幹トレーニングといえるでし[→続きを読む]

レッグレイズで体幹の連動性をアップする方法

仰向けになって足を上下させるレッグレイズは、手軽にできる腹筋トレーニングの定番。おもに腹直筋の下部を鍛える筋トレメニューです。このレッグレイズを利用して、腹直筋と大腰筋を合わせて鍛えることで、[→続きを読む]



クランチで腹筋だけでなく大腰筋を鍛える方法

仰向けになって軽くひざを曲げて、両手を頭の後ろに組んで上半身を上下運動するクランチは腹筋運動の定番。腹直筋といわれるお腹の前面の筋肉を鍛えます。このクランチで足を引き上げるインナーマッスルであ[→続きを読む]

ドローインの効果を倍増させるなら内臓を利用

お腹をへこませるドローインは、いまやダイエットの定番ともいえるエクササイズ。背すじを伸ばした姿勢でお腹をできるだけへこませたまま、息を止めずに呼吸をしながら30秒キープします。このドローインの[→続きを読む]

フロントブリッジは運動前に10秒やるのが効果的

体幹のインナーマッスルはスポーツ中、常に固まっていたほうがパフォーマンスが向上します。体幹の安定にはインナーマッスルの緊張が欠かせないからです。そして、スポーツのパフォーマンスアップに体幹を安[→続きを読む]

廣戸聡一の4スタンス理論でパフォーマンス向上

廣戸聡一さんが完成させた4スタンス理論は、自分の持って生まれたからだの特性を理解できれば、最大限のパフォーマンスを引き出すことができるという考え方。そのカギとなるのが、誰もが持っている4つの体[→続きを読む]

おすすめ記事

プランクだけで痩せるのかを実現するメニュー

「プランク」は体幹トレーニングの代表的なメニュー。両ひじを床について両ひざを浮かせ、体を一直線にしてキープする体幹トレーニングです。ここで浮かぶのが「プランクだけで痩せるのか」という疑問でしょ[→続きを読む]

筋トレ後の有酸素運動は筋肥大を妨げる

効率的に脂肪が燃焼するとあって「筋トレ+有酸素運動」がトレーニングの基本形になりつつあります。しかし、トレーニングの目的が筋肥大にあるなら、筋トレ前でも筋トレ後でも有酸素運動は避けるべきです。[→続きを読む]

フロントブリッジによくある勘違いフォーム

体幹トレーニングの基本ともいえるメニューがフロントブリッジ。うつ伏せの状態でひじをついて、腰を浮かせて体勢をキープする体幹トレです。ただし、フロントブリッジにはよくある勘違いフォームが存在。せ[→続きを読む]

細マッチョの体脂肪率は15%以下を目指すべし

細マッチョとは細身で筋肉質な体形のこと。とはいえ、遺伝によって個人ごとに安定する体形は異なるもの。人それぞれに細マッチョの形があるといえます。唯一、細マッチョの基準となるのは体脂肪率。細マッチ[→続きを読む]

体脂肪率の理想は「10%以下」

体脂肪率は外見と健康のバロメータです。はたして男性の理想のボディを手に入れるには、体脂肪率の目標はどれくらいにすべきでしょう? ずばり体脂肪率は「10%以下」が理想。逆にいくら腹筋を鍛えても、[→続きを読む]